アパート経営するには?分からないときは始め方をプロに相談しよう!

アパート経営をしたいけど始め方が分からない…という人は少なくないでしょう。そんな方のために、この記事ではアパート経営の始め方にフォーカスを当て解説していきます。

また、アパート経営を始めるときはプロに相談した方が良いですが、その理由も合わせて解説していきます。

アパート経営の始め方とは?

アパート経営の始め方は以下の通りです。

  • ネットなどで情報収集
  • セミナーなどで情報収集
  • 投資する目標を設定
  • 物件選定
  • 現地確認
  • 申込み&契約&引渡し

ネットなどで情報収集

アパート経営の始め方の最初のステップは、ネットなどで情報収集をすることです。たとえば、以下のようなことを学んでおくとアパート経営に役立ちます。

  • 利回りの種類とそれぞれの意味
  • アパート経営のメリット・デメリット&リスク
  • アパート経営の失敗事例と対策
  • アパート経営でかかる経費

要は、まずアパート経営に関する基礎をネットなどで学び、広く浅い知識をつけることが重要です。

できれば、自分に合ったサイトを見つけ、そのサイトの記事を中心に読み込むことで効率的に吸収することができます。また、ネット以外にも書籍などで情報収集するのも効果的です。

セミナーなどで情報収集

アパート経営の始め方の2つ目のステップは、セミナーなどでの情報収集です。

ネットで広く浅い知識を付けた後は、不動産会社が主催するセミナーや個別相談会などに参加しましょう。もちろん、ネットで情報収集せずに、いきなりセミナーに参加しても問題ありません。

ただ、広く浅く知識を付けた方がセミナーの内容も理解しやすいですし、自分が知りたい内容も分かってきます。たとえば、ネットなどで情報収集した結果、「ローンについてもっと知りたい」とします。

そうすれば、ローンに関する話を中心に行うセミナーに参加することで、自分の知りたい情報をピンポイントで得ることができるというメリットがあるのです。

投資する目標を設定

アパート経営の始め方の3つ目のステップは目標設定です。目標設定に関しては、以下を意識することが重要です。

  • 何のために投資をするのか?
  • 具体的にどのくらいの利益が欲しいのか?
  • 自分のキャッシュフロー的に予算はいくらか?

目標設定は、前項の情報収集と同時並行で進めた方が効率的でしょう。

何のために投資をするのか?

投資の目的は色々ありますが、たとえば以下ならどれに該当するか考えてみましょう。

  • 老後資金の蓄えのため
  • 収入を増やしたい
  • 安定した投資をしたい
  • 節税対策

上記の目的によって、どのくらいの規模のアパート経営をする必要があるのか?が分かってきます。逆にいうと、目的を決めなければ物件を絞りにくいといえます。

具体的にどのくらいの利益が欲しいのか?

また、前項で目的を明確にすれば、具体的にどのくらいの利益が欲しいのかが分かってきます。アパート経営の利益は「保有資産額×利回り」で決まるので、求める利益が決まれば物件も決めやすいです。

自分のキャッシュフロー的に予算はいくらか?

目的と欲しい利益が決まれば、次は自分のキャッシュフロー的に予算はいくらか?をザックリと決めておきます。

予算に関してはローンが大きく関係してくるので確定はできませんが、ザックリとでも予算を決めておかないと検討物件が多すぎて絞り切れません。

物件選定

アパート経営の始め方の4つ目のステップは物件選定です。前項までで情報収集や目標設定が終わっているので、以下の要素が絞れているはずです。

  • 物件を購入するエリア(予算)
  • アパートの規模
  • アパートの築年数や仕様設備など

もちろん、「○○駅徒歩5分以内で戸数6戸で築5年以内」のように、ピンポイントで絞る必要はありません。「○○線沿線で規模は5戸~10戸程度」のように、ある程度条件を絞れていれば物件を検索できるので、いくつか検討する物件をピックアップしてみましょう。

具体的に物件を検討することで、物件同士を比較することができアパートの優劣が段々と分かってきます。

現地確認

アパート経営の始め方の5つ目のステップは現地確認です。物件を絞ったら、以下の点を意識して物件確認を入念に行いましょう。

  • 時間帯を変えて現地確認する
  • 曜日を変えて現地確認をする
  • 主要施設には必ず歩いていく

時間帯や曜日を変えて現地確認することで、たとえば夜しか気づかない…平日しか気づかないことの見落としがなくなります。

また、駅だけでなく主要施設は必ず歩いて確認し、歩きにくい道ではないか?信号待ちが長くないか?なども確認することが重要です。

申込み&契約&引渡し

アパート経営の始め方の6つ目のステップは申し込み&契約&引渡しです。中古と新築で若干流れは異なりますが、申込み~引渡しは以下のような流れになるので覚えておきましょう。

  • 買付申込み
  • ローン審査の承認
  • 売買契約
  • 管理契約
  • 建物完成
  • 引渡し(アパート経営開始)

アパート経営の始め方をプロに相談するメリット

次に、アパート経営の始め方として、「プロに相談する」という方法があり、それには以下のメリットがあります。

  • 良い物件情報を得られる
  • ローンが有利に組める可能性がある

良い物件情報を得られる

アパート経営の始め方をプロに相談する1つ目のメリットは、良い物件情報を得られるからです。物件情報を収集するときは、大きく分けて「ネットなどを利用して自分で情報収集する」、もしくは「不動産会社に紹介してもらう」の二択です。

そして、後者の方が良い物件情報に巡り合う可能性が高いです。というのも、ネットには出回っていない物件情報は世の中にたくさんあり、その情報は不動産会社経由でしか得られないからです。

そのため、プロに相談した方が、自分の目的に合った物件情報を入手しやすくなります。はじめは物件をネットで探して知識を付けても問題ありませんが、必ず不動産会社に相談して併用するようにしましょう。

ローンが有利に組める可能性がある

アパート経営の始め方をプロに相談する2つ目のメリットは、ローンが有利に組める可能性があるからです。この点については以下を知っておきましょう。

  • ローンを有利に組める理由
  • 金利による返済額の違い

ローンを有利に組める理由

アパート経営を始めるときはアパートローンを組むケースが大半ですが、ローンは金融機関によって金利などの条件が異なります。

そして、その条件は借入者の年収や勤務先以外に、物件の「収益性」や「担保価値」も関係してくるのです。これらの物件評価はプロである不動産会社を経由した方が高くなる場合があるので、金利面などの条件が有利になる可能性があります。

金利による返済額の違い

たとえば、5,000万円を返済期間25年、元利均等返済で借り入れた場合の金利による返済額の違いは以下の通りです。

  • 金利1.5%:総返済額59,990,400円、月々返済額199,968円
  • 金利2%:総返済額円63,578,100、月々返済額211,927円
  • 金利2.5%:総返済額67,292,400円、月々返済額224,308円
  • 金利3%:総返済額71,131,800円、月々返済額237,106円

プロである不動産会社経由であれば1%で借り入れることも可能であり、個人で金融機関を探すと3%前後の金利になることもあります。

アパート経営の始め方まとめ

このように、アパート経営の始め方は情報収集からはじまり、現地確認などを経て契約&引渡しという流れです。また、上述したようにアパート経営を始めるときには、プロである不動産会社に相談するのがベストです。

この「アパート経営の始め方」を読んでアパート経営に興味が出たのであれば、次のステップとしてシノケンのセミナーに参加することをおすすめします。シノケンは入居率99%を誇る会社なので、そのようなノウハウ豊富な会社の話を聞くのは非常に勉強になります。

【関連記事】
アパート経営セミナーのおすすめ人気ランキング5選【2019年】