アパート経営でインターネットを導入する費用は?導入する意味はあるのか?

最近では、「インターネット設備導入済み」という物件も多くなりました。そのため、アパート経営を検討している人、もしくは経営中の方の中にはインターネット設備を導入すべきか迷っている方もいるでしょう。

そこでこの記事では、インターネット設備を導入する費用や、導入するかどうかを判断する要素について解説していきます。

アパート経営でインターネットを導入するパターンは2つ

まず、アパート経営でインターネットを導入する方法を知っておきましょう。大きく分けて、アパートにインターネットを導入するときは以下2パターンです。

  • オーナーが引くパターン
  • 入居者が引くパターン

オーナーが引くパターン

まずはオーナーが引くパターンです。オーナーが引くとは、アパート全体でインターネット回線を引き、かつそれぞれの部屋でも「すぐにインターネットが使える状態にする」ということです。

具体的には、Wi-Fi設備を整えておき、入居者がWi-Fiを検索してパスワードを打ち込めば使える状態にします。

オーナーが引くパターンでも新築と中古で異なる点があるので、その点を知った上で導入するかどうかの判断をしましょう。

新築アパートに導入する

オーナーが新築アパートにインターネット回線を導入するときは、入居者がいないので家賃にインターネット回線の使用料金を上乗せする…もしくは「別途インターネット回線○○円」と設定することが可能です。

つまり、インターネットを導入する初期費用はオーナーが負担しますが、インターネットを利用するランニングコストは賃借人に請求できるというわけです。そうすることで、オーナーの収支に大きな影響を与えることはなくなります。

中古アパートに導入する

一方、アパート経営を「既に入居者がいる中古アパートを購入する」ケースの場合、オーナーがインターネット費用を負担することが多いです。

というのも、すでに入居している人に「インターネット設備を導入するので別途料金を徴収します」といっても、納得しない入居者が大半だからです。

なぜなら、個別にインターネット設備を導入している人もいるでしょうし、導入していないなら「そもそも家にネット環境は不要」と思っている方が多いということだからです。

そのため、基本的に入居者がいる中古アパートにインターネット設備を導入する場合は、自己負担額が大きくなる点は認識しておきましょう。

入居者が引くパターン

一方、インターネット設備を入居者が引くパターンもあります。そして、このパターンでも以下2通りのケースが考えられます。

  • 回線は引いてある
  • 回線も入居者が引く

要は、アパート自体にインターネット回線だけ引いてあり、プロバイダ契約やルーターは自分で用意するのが前者です。一方、後者は回線の工事も入居者が行います。

後者のケースは少ないですが、この場合は工事費用もかかり、アパートに引き込むために共用部に穴を開ける場合もあります。ただ、いずれのケースでもオーナーの金銭的な負担はありません。

 

アパート経営でインターネットを導入するかの判断

ここまでで、アパート経営でインターネットを導入する方法が分かったと思います。次に、アパート経営でインターネットを導入するか?を判断するときに知っておくべき以下の点を解説していきます。

  • インターネット設備のニーズは高い
  • 競合物件のチェック
  • 集客効果と成約率がアップする
  • インターネット導入費用

インターネット設備のニーズは高い

まず、インターネット導入費用のニーズは高いです。というのも、全国賃貸住宅新聞社が「入居者に人気の設備ランキング」を発表し、結果は以下の通りだったからです。

  • 単身者向け物件:第1位(前回1位)
  • ファミリー向け物件:第1位(前回1位)

こちらは、全国の不動産会社372社に対して行ったアンケートであり、「この設備があれば周辺相場より家賃が高くても決まる」、「この設備がなければ入居が決まらない」という項目です。

不動産会社目線でのアンケート結果なので、アパート経営者の視点でも参考になります。

競合物件のチェック

前項のように、インターネット設備はニーズがありますが、それだけで導入を決めずに競合物件のチェックも行いましょう。競合物件とは、アパート経営をする上で検討者が比較しそう物件のことです。

というのも、仮に競合物件が全物件「インターネット設備導入済み」であれば、そのエリアではインターネット設備が導入されているのが当たり前で、検討者もその目線で物件を見るからです。

つまり、競合物件をチェックすることで、そのエリアのニーズを知ることができ、かつ競合物件と比較検討されたときにどう見えるか?もチェックすることができます。

集客効果と成約率がアップする

また、インターネット設備を導入するメリットとして、そのアパートに入居を検討している人の集客力と成約率がアップします。

集客効果のアップ

集客効果がアップする理由は、ネットやチラシなどの広告に記載することができるからです。ポータルサイトでは、「インターネット設備」の欄があり、ネットを完備していればマークされます。

また、広告の物件紹介に「インターネット設備導入済み」や「インターネットが無料で使える」などの文言があれば、それだけで集客効果はアップするでしょう。

成約率のアップ

また、インターネット設備を導入しておくと、以下の理由で成約率もアップします。

  • ネットを開始する手続きは面倒
  • ○年縛りなど契約年数に縛りがある場合も多い

上記のような点は賃借人のデメリットなので、それを解消できる「インターネット設備導入済み」はメリットになります。

しかし、成約率のアップは家賃との兼ね合いもあるので、家賃の上乗せ額によって成約率がアップするかどうか異なる点は理解しておきましょう。

インターネット導入費用

このように、インターネット設備はニーズがあり、集客・成約につながるのは事実です。しかし、インターネット設備の導入費用を知り、その費用と照らし合わせて考えなければいけません。

そのため、インターネット設備の導入費用については以下を知っておきましょう。

  • 工事費の目安
  • 条件付き無料プランもある

工事費の目安

インターネット設備の導入費用はケースバイケースですが、目安として戸当たり5万円ほどの工事費がかかり、保守費用などが戸当たり500円(月)ほどかかると思っておきましょう。

実際には数社から見積もりを取って、ランニングコストを含めて比較する流れになります。

条件付き無料プランもある

インターネット設備の導入費用を抑えたいときは、「条件付き無料プラン」を実施している会社を探しましょう。

たとえば、「○年契約で初期の工事費無料」などの会社もあるので、このプランであれば初期費用の負担は抑えることができます。

アパート経営のインターネット導入まとめ

このように、アパート経営にインターネット設備を導入するかどうかは、費用対効果をしっかりと考えた上で判断しましょう。特に、競合物件のチェックをして、エリアのニーズを確かめることは重要です。

アパート経営の設備導入などに迷っているのであれば、入居率99%を誇るシノケンのセミナーや相談会がおすすめです。というのも、実績豊富なシノケンのセミナーであれば、入居者に人気のある設備なども経験を持って知っているからです。

【関連記事】
アパート経営セミナーのおすすめ人気ランキング5選【2019年】