不動産投資で営業マンを回避する方法は?枕営業はある?

不動産投資をするときは、当然ながら投資物件を取得します。

その投資物件は、不動産会社から仲介されたり、直接不動産会社から購入したりするケースが多いです。

そのため、不動産会社に自分の連絡先を伝える必要があり、場合によってはしつこい営業をされる場合もあります。

そこでこの記事では、そんな「しつこい営業をされたとき」には、営業マンをどのように回避するか?という点について詳しく解説していきます。

不動産投資の営業はしつこい?

不動産投資の営業は、ハッキリ言ってしつこいケースが多いです。というのも、不動産投資において、営業マンが勧めるのは「投資用物件」という高額な商品だからです。つまり、そう簡単に売れる商品ではなく、逆にいうと売れたときの利益は大きいので、しつこい営業につながってしまいます。

また、不動産会社の中には歩合給の割合が高い会社も多いので、売却(仲介)した件数や金額によって収入が変わる会社も多いでしょう。そのため、不動産投資の営業は残念ながらしつこいケースは少なくないのです。

不動産投資の営業マンを回避する方法は?枕営業はある?

不動産投資の営業マンを回避する方法は以下の通りです。

  • しつこい営業電話はハッキリと断る
  • 営業トークはリスクやデメリットを聞く
  • 営業をやめない場合は機関に連絡する
  • 個人情報は削除してもらう
  • 個人情報を無暗に知らせない
  • 本社に連絡する

なお、いわゆる「枕営業」に近い営業はあるかもしれませんが、個人的には聞いたことがありません。

しつこい営業電話はハッキリと断る

営業マンによって異なりますが、しつこい営業マンだと毎日電話をかけてきたり、場合によっては家まで来訪したりすることもあります。いずれにしろ、その営業マンと話をする意思がなければ、ハッキリと断ることが大切です。そもそも、営業マンがそこまでしつこく営業をかける理由は、しつこく営業すれば購入するかも…と思っているからです。

逆に言うと、営業マンにそう思われているので、しつこい営業を受けているともいえます。そのため、購入の意思がない旨をハッキリと伝えましょう。もしくは、「他社の物件に決めました」とすれば、しつこい営業をかけてくる不動産会社でも「他決」扱いになり、もう営業してこないでしょう。

営業トークはリスクやデメリットを聞く

営業マンを回避したいのであれば、逆に営業トークからリスクやデメリットを聞き出すという方法もあります。というのも、しつこい営業マンは質の悪い営業マンなので、自分が紹介する物件の良いことしか言いません。しかし、パーフェクトな物件は存在しないので、必ずデメリットやリスクが潜んでいます。

たとえば、以下のような質問をしてみましょう。

・空室になったらその利回りは保てませんよね?
空室率の想定はしていますか?
・その根拠は何ですか?
・家賃は1年で何%下落する想定ですか?
・設定している家賃の根拠は何ですか?

このように、空室率や、家賃・家賃下落率など、その営業マンが想定している根拠を聞き出しましょう。仮に、良いことばかりしか言っていないのであれば、空室リスクや家賃下落は加味していませんし、家賃も根拠も浅はかでしょう。このような質問をすれば営業マンも答えられなくなり、営業をかけることもなくなります。

営業をやめない場合は機関に連絡する

前項までの回避策を講じても営業を止めない場合は、しかるべき機関に連絡する旨を伝えましょう。しかるべき機関とは、具体的には以下の機関です。

  • 警察
  • 弁護士
  • 国民生活センター
  • 全国宅地建物業保証協会

最初から警察や弁護士に相談するほどではないと思うので、まずは営業マンに「これ以上営業してきたら、全国宅地建物業保証協会に苦情を申し立てる旨を伝えましょう。不動産会社の営業マンも大きなトラブルに発展させたくはないはずなので、大抵はこれで営業は回避できるはずです。

それでもしつこい場合は、本当に全国宅地建物業保証協会に苦情を受け付ける窓口があるので、そこに相談した方が良いです。その後に、国民生活センターや弁護士・警察という順番になります。

個人情報は削除してもらう

また、営業を回避するために、仮に営業マン経由で「電話やDMはストップしてください」と進言したとします。そのときに注意すべきことは、不動産会社に残っている自分の個人情報を削除してもらうことです。というのも、個人情報を削除しないと再び連絡が来る可能性もあります。

なぜなら、大きな企業であればデータで管理していると思いますが、小さな会社だと紙ベースで個人情報を管理している場合もあるので、引継ぎが上手くいっていない可能性があるからです。つまり、紙ベースで「連絡ストップ」の記録をするため、時間が空いて顧客を引き継ぐときにミスをする可能性があります。

そのようなことがないよう、電話やDMをストップさせるだけではなく、根本的に会社にストックしている個人情報を削除してもらいましょう。

本社に連絡する

また、相対している営業マンが信用できない場合には、その営業マンが所属している本社など別の窓口に連絡しましょう。というのも、中規模以上の会社であれば本社に「問い合わせ窓口」を設けている場合も多いですし、営業ではない現場の方が「顧客対応」には敏感だからです。

そのため、営業マンにいっても効果がなさそうなときは、その営業マンは無視して本社や本部に直接連絡しましょう。

個人情報を無暗に知らせない

また、そもそもの話ではありますが、個人情報…特に住所や電話番号は無暗に伝えないようにしましょう。確かに、不動産投資で物件の問い合わせをするときや、不動産会社に資料請求するときなどは、住所や電話番号が必須の場合もあります。

しかし、メールアドレスだけでもOKな場合もあるため、そのようなときはメールアドレスだけの入力にしておきましょう。仮に、何かを送ってもらう必要があるときに住所を教えてば良いですし、電話はこちらからすれば良いです。個人情報を無暗に知らせないことは、しつこい営業を受けないことにもつながりますし、個人情報の漏洩というリスクヘッジにもつながります。

不動産投資の営業がないシノケンはおすすめ

しつこい営業を回避する方法は上述した通りですが、ほかにも「しつこい営業をしない」と宣言している不動産会社に問い合わせるという方法も回避策といえます。たとえば、大手不動産投資会社である株式会社シノケンプロデュース(シノケン)は、ホームページで「しつこい勧誘はいたしません」と宣言しています。

今はSNSもある時代なので、このような宣言をしていて営業がしつこいと、すぐ悪い噂が回ります。そのため、このような宣言をしているということは、社内教育が徹底されていると考えて良いでしょう。そもそも、シノケンはアパート経営を中心として実績豊富な不動産投資会社です。現に、開催しているセミナーの参加者は4万人を超えるほどなので、興味がある方は一度参加してみてはいかがでしょうか。

不動産投資の営業まとめ

不動産投資の営業マンがしつこい場合は、まずハッキリと断りましょう。それでも営業してくる場合は、しかるべき機関や連絡したり、本社に連絡したりという回避策を講じます。また、上述したように、そもそもシノケンのように営業をしつこくして来ない優良な不動産会社を検討することも、回避策の1つといえるでしょう。

【関連記事】
不動産投資セミナーのおすすめ人気ランキング10選【2019年】