不動産売却の注意点5選!知って得するポイントとは?

不動産は高額な商品であり、そう簡単に売れるものではありません。そのため、売却するときには色々な注意点があります。その注意点を知っておくかどうかで、売却スピードや売却価格は大きく変わっていくでしょう。この記事では、そんな「不動産売却の注意点」を5点に絞って解説していきます。

不動産売却の注意点5選

不動産売却の注意点5選は以下の通りです。

  • 査定は複数社へ依頼する
  • 不動産会社は査定額の根拠で選ぶ
  • 媒介契約は専任系媒介契約を結ぶ
  • 内見の度に清掃する
  • 申し込みは慎重に受ける

査定は複数社へ依頼する

1つ目の注意点は、査定は複数社へ依頼することです。この点については以下を知っておきましょう。

  • 複数社へ依頼する理由
  • 一括査定サイトがおすすめ

複数社へ依頼する理由

査定は複数社へ依頼した方が良い理由は、一社だけだと相性の良い不動産かどうか分からないからです。不動産会社が査定価格を算出するときは、主に周辺で成約した成約事例を基に算出します。つまり、「同じような不動産が最近いくらで売れたか?」を参考にするというわけです。しかし、査定額の算出は成約事例だけではなく、その不動産会社のノウハウも含まれます。

たとえば、A市に特化して不動産仲介をしている不動産会社なら、A市内にある不動産の売却であれば高く・早く売れるかもしれません。一方、A市以外では売却スピードは落ちる可能性があるでしょう。つまり、不動産会社にも得手・不得手があるため、複数社に査定しないと相性の良い不動産会社が分からないのです。

一括査定サイトがおすすめ

複数社に査定依頼するときは、一括査定サイトがおすすめです。一括査定サイトとは、物件情報(広さや築年数など)や連絡先をネット上から入力するだけで、5~6社程度に一括で査定依頼できるサイトです。逆に、一括査定サイトを利用しなければ、個別に査定依頼しなければいけなくなるので手間がかかるのです。

不動産会社は査定額の根拠で選ぶ

2つ目の注意点は、不動産会社は査定額の根拠で選ぶという点です。前項で解説したように、一括査定サイトで複数社へ査定依頼した後は、実際に売却(仲介)を依頼する不動産会社を選定します。そのときは、査定額の「高さ」ではなく「根拠」で選ぶようにしましょう。この点に関しては以下を解説します。

  • 「根拠」で選ぶ理由
  • 「高さ」で選ぶリスク

「根拠」で選ぶ理由

上述したように、不動産会社によって得手・不得手があるため、査定金額は不動産会社によって異なります。しかし、その査定金額だけ見ても、自分の不動産の売却を不動産会社が得意としているかどうかは分かりません。売却する不動産を「得意」としている不動産会社かどうかを見極めるためには、その査定金額を算出した根拠が重要なのです。

というのも、「根拠」をヒアリングすることで、たとえば以下のような根拠で査定額を算出したことが分かったとします。

  • 先月同じエリアで不動産売却を成立させた
  • すでにそのエリアで不動産購入を検討している顧客がいる

このような状況であれば、多少査定額が高くても納得できるでしょう。逆に、上記のような根拠がないにも関わらず査定額が高ければ、結局はずるずると売却価格が下がっていく可能性があります。

「高さ」で選ぶリスク

仮に、4社に査定依頼して、最も金額が高かったE社に売却を依頼したとします。しかし、その金額に根拠がなければ、「とりあえず媒介契約(売却を正式に依頼する契約)を勝ち取るために高い査定額を提示した」可能性が高いです。

そのような不動産会社は、何か理由を付けて「売れ行きが悪いので売り出し価格を下げましょう」などと提案してくることが多く、結局は査定額を大きく下回って成約するリスクがあります。また、そもそもそのような営業手法をしてくる不動産会社は信用できません。そのため、査定金額の「高さ」ではなく「根拠」を見極める必要があるのです。

媒介契約は専任系媒介契約を結ぶ

3つ目の注意点は、媒介契約は専任系媒介契約を結ぶという点です。この点については、以下を知っておきましょう。

  • 媒介契約後との違い
  • 専任系媒介契約が良い理由

媒介契約後との違い

媒介契約は3種類あり、それぞれの違いは以下です。

比較項目 一般媒介 専属専任媒介 専任媒介
不動産会社 複数社に依頼可能 依頼は1社のみ
レインズ登録 任意 契約後5日以内 契約後7日以内
売却報告義務 義務なし 1週間に1回以上 2週間に1回以上
自己発見取引 可能 不可能 可能

この記事では、専属専任媒介契約と専任媒介契約を、総称して「専任系媒介契約」と呼びます。

専任系媒介契約が良い理由

前項で解説した媒介契約ごとの違いの中で、最も大きな違いは「依頼できる不動産会社数」でしょう。もしかすると、一般媒介契約の方が複数社に売却を依頼できるので良いのでは?と思っている人もいるかもしれません。しかし、逆に不動産会社の立場からすると、「他社が先に成約してしまうのでは?」という不安があります。

そのため、一般媒介契約の場合は広告費や人件費をそこまで投下できないので、結局は売却スピードが落ちてしまうのです。一方、専任系媒介契約の場合は自社しか売却活動しないので、広告費や人件費を投下できるため一般媒介契約よりも売却スピードが早くなりやすいです。

専属専任媒介契約と専任媒介契約で大きな違いはありませんが、売却活動の報告頻度も高い専属専任媒介契約で問題ないでしょう。

内見の度に清掃する

4つ目の注意点は、内見の度に清掃するという点です。不動産売却時は、内見(物件見学)の予約が入り、日程を調整して内見を行うという流れです。内見者とのやり取りは不動産会社の営業担当者が行ってくれますが、内見前の清掃などは売主が行わないといけません。

また、内見時に感じる部屋の印象によって、内見者の検討度合いは大きく変わってきます。そのため、特に衛生面が気になる「水まわり」を中心に、内見の度に清掃しておきましょう。多少手間ではありますが、清掃するかどうかで内見者の印象はガラッと変わり、売れ行きにも大きく影響してきます。

申し込みは慎重に受ける

5つ目の注意点は、申し込みは慎重に受けるという点です。申込みとは、売買契約を前提にした行為であり、一般的には申し込みから概ね1週間以内に売買契約を結びます。しかし、申込みは法的行為ではないので、申込者はキャンセルしてもリスクはないのです。

ただ、申し込みキャンセルされてしまうと、売主は「もう1度検討者を探さないといけない…」という状態になるので、デメリットが大きくなります。そのため、申込時には「資金計画が固まっている」「購入意思が100%確定している」「契約日は〇日以内」などの条件を出し、確実に売買契約する顧客のみから受け付けた方が良いでしょう。

不動産売却の注意点まとめ

不動産売却時は、上記5つの注意点を理解しておきましょう。また、上述したように査定時は一括査定サイトを利用した方が良いですが、一括査定サイトの中でもイエウールがおすすめです。というのも、イエウールは提携社数が1,600社と多いですし、独自に悪徳企業は排除しているからです。

そのため、自分の不動産と相性の良い不動産会社と出会いやすく、ストレスなく不動産売却ができます。不動産売却において「不動産会社選び」は非常に重要になるので、イエウールを利用して相性の良い優良な不動産会社を選定しましょう。