不動産売却で正しい見積を出してもらうには?

不動産売却は、まず見積もりを算出してもらうことからはじまります。そして、見積もり金額によって優良な不動産会社を見極められるかが決まるので、不動産売却において見積もりは非常に重要なのです。そこでこの記事では、不動産売却で正しい見積もりを出してもらうにはどのようにすれば良いか?を詳しく解説していきます。

不動産売却の見積もりは2種類

不動産売却の見積もりは以下2種類あります。

  • 売却金額の見積もり
  • 諸費用の見積もり

売却金額の見積もり

まずは売却金額の見積もりです。一般的に、「不動産売却の見積もり」といえばこちらを指すケースが多いです。言い換えると、不動産会社に査定依頼してもらって売却金額の目安(見積もり額)を算出してもらうことであり、この見積もり額によって売却するかどうかの判断をします。

諸費用の見積もり

また、不動産売却の見積もりには、もう1つ「諸費用の見積もり」もあります。というのも、不動産売却には以下の諸費用がかかるので、その金額の見積もりも必要だからです。

  • 仲介手数料
  • 登記関係費用

前項の「売却金額の見積もり」と合わせて確認することで、売却するかどうか?売却するならいくらで売り出すか?を決めます。

不動産売却で正しい見積もりを出す方法

前項のように、不動産売却の見積もりには2種類ありますが、「諸費用の見積もり」はどの不動産会社も同じです。そのため、正しい見積もりを出すべきなのは「売却金額の見積もり」であり、そのためには一括査定サイトで複数社へ査定依頼することが重要です。この点について以下を知っておきましょう。

  • 複数社へ見積もり依頼する理由
  • 見積もりは根拠を確認する
  • 相場を調べておく
  • 一括査定サイトとは?

複数社へ見積もり依頼する理由

なぜ、複数社へ見積もり依頼するかというと、不動産会社によって見積もり額が異なるからです。見積もりが異なる理由は、不動産会社によってエリアや物件種類の得意・不得意があるからです。たとえば、板橋区の地場業者で、一戸建ての仲介をメインにしている不動産会社であれば、近隣エリアである練馬区のマンションの見積もりを出すことは可能でしょう。

しかし、エリア的にあまり知らないエリアであり、かつマンション売却の経験が乏しければ、見積もり額は自ずと低くなります。一方、練馬区でマンションの仲介実績が豊富な地場業者であれば、見積もり額が高くなる能性が高いでしょう。このように、不動産会社ごとに得意・不得意があるので、一社だけの見積もり額を見ても適正かどうかの判断ができないのです。

見積もりは根拠を確認する

ただし、複数社に見積もり依頼しただけでは、正しい見積もり額がどうかの判断はできません。そのため、見積もりの金額だけでなく、その見積もり額を算出した根拠を確認する必要があります。この点について以下を知っておきましょう。

  • 金額だけを見るリスク
  • 根拠を確認する方法

金額だけを見るリスク

見積もりの金額だけで不動産会社を判断してしまうと、その不動産会社があえて高い金額を提示している可能性があります。というのも、不動産会社は見積もり額を提示した後、売主と媒介契約を結ばないと意味がないからです。つまり、媒介契約を結ぶために、あえて高い見積もり金額を提示しているというわけです。

しかし、その査定額に根拠はないので、結局は売り出し価格をずるずると下げることになるでしょう。このように、査定金額だけで不動産会社を判断すると、悪質な不動産会社を選定するリスクがあります。

根拠を確認する方法

では、不動産会社の見積もり額の根拠をどのように確認するかというと、シンプルに「根拠」を聞くことです。そのとき、たとえば以下のような根拠があれば、その査定額は信頼できるといえます。

  • このエリアで売却実績があり得意なエリア
  • 最近も近くで物件を成約してその金額を根拠にしている
  • すでに検討顧客がいて今週末内見に呼べる

このような状況であれば、他社より多少査定額が高くても納得できます。しかし、上記のような根拠がない場合は前項のような質の低い不動産会社である可能性が高いので、その見積もり額は信用しない方が良いです。

相場を調べておく

また、不動産会社の見積もりの確からしさを検証するには、以下サイトで自分なりに相場(周辺の成約事例)を調べておくという方法もあります。

サイトの特徴

どちらも、サイトを見てもらえると簡単に操作できることが分かるでしょう。REINS Market Informationは、不動産会社と同じREINSのデータを見ることができますが、住所などはピンポイントでは分かりません。土地総合情報システムは、国土交通省のアンケートを基にしているので、不動産会社が見る情報とは異なります。

相場感を養う重要性

ただ、どちらも「成約事例」であり、不動産会社の見積もり額もその成約事例を基にしています。そのため、2つのサイトで周辺不動産の成約事例を調べれば、ある程度相場感はつかめるでしょう。相場感をつかんでおけば、不動産会社が提示した見積もり額の確からしさが分かり、優良な不動産会社を選定しやすいというメリットがあります。

一括査定サイトとは?

一括査定サイトとは、ネット上から物件情報などを入力するだけで、複数の不動産会社に査定依頼できるサイトです。不動産売却の見積もりを算出するときは一括査定サイトの利用がおすすめですが、その理由は以下の通りです。

  • 手間なく複数社へ査定依頼できる
  • 不動産会社を探す手間が省ける

手間なく複数社へ査定依頼できる

1つ目の理由は、一括査定サイトなら手間なく複数社へ査定依頼できるからです。逆に、一括査定サイトを利用しないということは、不動産会社の店舗へ直接来訪したり、メールや電話したりと査定依頼するだけでも面倒です。

特に、店舗に直接来訪すると、周辺物件の説明などもされるため1社だけで1時間くらいかかることもあります。そのような手間を掛けるのは無駄なので、一括査定サイトを利用して時間かけずに複数社へ査定依頼しましょう。

不動産会社を探す手間が省ける

また、そもそも自分の不動産を査定してくれる不動産会社を探すのは、意外と面倒な作業です。たとえば、今「あなたの不動産を査定してくれる不動産会社をいくつ挙げられますか?」と聞かれたら、答えられる人はほとんどいないでしょう。

しかし、一括査定サイトであれば、住所や物件種類、築年数などを入力しているので、その情報を元に査定可能な不動産会社を自動でピックアップしてくれます。一括査定サイトの利用は、この「不動産会社を探す手間が省ける」というメリットもあるのです。

不動産売却の見積まとめ

このように、不動産売却の見積もりは、基本的に「不動産の査定価格」を指します。そんな見積もり額は、一括査定サイトを利用して、複数社の見積もり額の根拠を比較しましょう。そして、そのときにはイエウールという一括査定サイトの利用をおすすめします。

というのも、イエウールは「一括査定サイトの中でもトップクラスの参画企業数」「独自に悪質業者を排除する体制」という特徴があるからです。つまり、イエウールなら自分の不動産との相性が良い、優良な不動産会社を選定しやすいというわけです。