不動産売却のチラシは嘘?怪しいチラシの真実は?

不動産売却のチラシを見たことがある人は多いと思います。たとえば、「求む!売り物件!」や「売り物件募集中!無料で査定します!」のようなチラシのことで、要は不動産会社が売り物件を探すためのチラシになります。

しかし、チラシに書かれていることを鵜呑みにしてはいけません。むしろ、チラシに書かれていることはあまり信用せずに、きちんと不動産会社を見極める必要があるのです。そこでこの記事では、不動産売却のチラシにフォーカスを当て、どのようなチラシに注意すべきか?チラシの真実は何か?について詳しく解説します。

不動産売却のチラシで信用できない内容とは?

不動産売却のチラシが投函されても、以下のような内容・特徴があるチラシであれば信用できないチラシの可能性があります。

  • 当エリア限定で探しているお客様がいます
  • どこよりも高い金額で査定します

前提として、上記のようなチラシを投函している不動産会社が、全て信用できないというわけではありません。大事なのは、チラシの内容に惑わされず、その不動産会社は本当に信用できるか?をフラットな目で見極めることです。

当エリア限定で探しているお客様がいます

これは定番のキャッチコピーといえますが、このエリア限定で探している顧客を本当に抱えているかは疑問です。そもそも、そのような顧客がいるのであれば、広さや築年数などのニーズもハッキリしているでしょう。そのため、大量にチラシをまくのではなく、ピンポイントでアプローチすれば良い話です。つまり、結局はそのような顧客はいないパターンが大半ということになります。

どこよりも高い金額で査定します

こちらも定番ですが、査定額は高ければ良いというわけではありません。そもそも、査定価格は相場価格とほぼイコールになりますので、査定価格が高いということは相場価格以上で売れるということです。もちろん、「そのエリアの不動産売却に強い」などの理由で、本当に相場価格以上で売れることもあるでしょう。しかし、このチラシだけでは読み取ることができないので、このような内容だけに惑わされないように注意が必要です。

チラシがチープ

次はキャッチコピーのような文言ではなく、チラシ自体がチープであるときです。具体的には、以下のようなチラシになります。

  • 白黒印刷で読みにくいチラシ
  • 手書きをコピー機で印刷したようなチラシ

単純に考えて、上記のようなチラシをまく不動産会社は信用できるでしょうか?仮に、そのようなチラシをまく不動産会社に自分の不動産の売却を依頼したとしましょう。その場合、検討者を募集するチラシも、このようなチープなチラシをまく可能性があり、そうなると集客力は落ちるでしょう。そのため、上記のようなチラシをまく不動産会社に、売却を依頼しない方が良いです。

電話番号の記載しかない

また、連絡先に電話番号の記載しかない不動産会社もできれば避けた方が良いでしょう。というのも、今の時代メールなど電話番号以外の連絡手段がないことは考えにくいです。つまり、電話番号のみの記載ということは、何とか電話をかけさせて売主側の電話番号を聞き出したいということです。そのような不動産会社は、しつこい電話営業などのをする傾向があるので、できれば避けた方が良いでしょう。

不動産売却で怪しいチラシをまく理由

前項で、不動産売却時にどのようなチラシが怪しいか分かったと思います。次に、そもそも不動産会社はなぜ怪しいチラシをまくのか?という理由である以下を解説します。

  • 売却の方が利益は出やすいから
  • 売り物件があると購入希望者を集めやすい
  • 両手取引しやすい

この「怪しいチラシをまく理由」を知っておくことで、優良な不動産会社の見極め方につながっていきます。

売却の方が利益は出やすいから

まず、不動産会社にとって不動産を購入する側よりも、売却する側の方が利益は出やすいからです。というのも、購入者側は以下のようなことが考えられるからです。

  • 購入時期を決めていないので長引く
  • 長期間検討した後に購入をやめる
  • ほかの不動産会社でも検討している

もちろん、売却側でも売却期間が長引くことはあります。しかし、専任系媒介契約の媒介契約を結んでいれば、いずれは売却成立に至る可能性が高いです。また、不動産を売却するということは、売却しなければいけない理由があるので、購入時よりも「売却をやめる」というパターンが少ないのです。

つまり、売却側の方が購入側よりも成立しやすい…言い換えると手数料収入がもらいやすいので、不動産会社は売り物件を探しているというわけです。

売り物件があると購入希望者を集めやすい

次に、売り物件があれば、その売り物件を広告記載することで購入者を集めやすいからです。当然ながら、購入検討者はネットなどで「売り物件」を探しています。そんなとき、自社でたくさんの売り物件を抱えているならば、「購入希望者」を呼びやすいため売り物件を探しているというわけです。

両手取引しやすい

不動産取引には両手取引と片手取引があります。両手取引とは、売主も買主も自社が連れてくる取引であり、売主・買主の両方から仲介手数料がもらえます。一方、片手取引とは売主・買主のどちらか一方を連れてくる取引で、どちらか一方からしか仲介手数料をもらえません。

売り物件を見つけるということは、売主は自社で見つけてくるので後は買主を見つけてくるからです。上述したように、「購入をやめる」よりも「売却をやめる」パターンの方が少ないので、売主を先に抑えていた方が両手取引を狙いやすいのです。

不動産売却時に怪しいチラシに惑わされないためには?

前項までで、どんなチラシが怪しいチラシか?なぜ不動産会社はそのようなチラシをまくか?という点が分かったと思います。次に、不動産売却時に怪しいチラシに惑わされないための方法を解説します。結論からいうと、一括査定サイトを利用して複数社へ査定依頼することです。

複数社へ査定依頼する理由

複数社へ査定依頼する理由は、「チラシ」という数少ない情報だけで不動産会社を判断せず、複数社へ査定依頼して以下を比較することで、優良な不動産会社を見極めやすいからです。

  • 査定価格を算出した根拠
  • 営業マンの応対

これらは、実際に不動産会社とやり取りした上で、比較しないと分かりません。だからこそ、チラシという情報源だけで不動産会社を判断してはいけないのです。

一括査定サイトとは?

一括査定サイトとは、ネット上から物件情報などを入力するだけで、複数社へ査定依頼できるサイトです。このサイトを利用することで、個別に査定依頼する手間が省けます。また、そもそも査定してくれる不動産会社を探すのも実は面倒なので、その「不動産会社探し」の手間も省くことができるのです。

不動産売却のチラシまとめ

このように、不動産売却時はチラシの文言に惑わされず、きちんと一括査定サイトで不動産会社に査定依頼をして、フラットな目で見極める必要があります。上述した一括査定サイトの中では、イエウールを利用すると良いでしょう。というのも、イエウールは参画企業数が1,600社と、一括査定サイトの中でもトップクラスに多いです。

参画企業数が多いということは、色々な種類の不動産会社に査定依頼することが可能ということです。それは、結果的に自分に相性の良い不動産会社を見つけやすく、不動産を高く・早く売ることにつながります。