100坪の解体費用は?かかる料金の目安と坪単価について

土地の売却や建て替えに伴い家の解体を検討している人もいるでしょう。

しかし、家の解体は身近なことではないので、そもそもどうやって解体を依頼するのか?どのくらいの費用がかかるのか?と疑問に思っている人も多いと思います。

そこでこの記事では、家の解体費用の相場はどのくらいか?どのように解体を進めれば良いか?という点について解説していきます。

100坪の家解体費用は?かかる料金の目安と坪単価などについて

100坪の解体費用は?かかる料金の目安と坪単価などについて、以下より解説していきます。

100坪の家解体費用の相場金額

まずは、解体費用の相場金額を見ていきましょう。構造・坪数別の解体費用相場は以下の通りです。

構造別の相場 20坪 30坪 40坪 50坪
木造 32,000円 29,000円 28,000円 28,000円
鉄骨造 29,000円 34,000円 32,000円 37,000円
鉄筋コンクリート造(RC) 38,000円 58,000円 40,000円 46,000円

上記は坪単価になります。そのため、100坪(約330㎡)の建物であれば、木造で280万円、鉄骨造で370万円、鉄筋コンクリート造で460万円になります。

家の解体費用は何で決まる?

では、次に前項で解説した家の解体費用は、どのような要素で決まるのか?という点について解説していきます。家の解体費用は以下の要素で決まります。

  • 構造
  • 施工の条件
  • 解体業者
  • アスベストの有無

構造や建物形状など

解体費用が決まる1 つ目の要素は、解体する家の構造です。前項のように構造によって坪単価が異なっていますが、基本的には頑強な築造物ほど解体に時間と手間がかかるので費用も高くなります。また、地下室があったり、1階部分が広くて基礎部分が広範囲だったりという家も、解体費用は高くなりがちです。

つまり、構造以外にも建物の形状も解体費用には影響してくるというわけです。そのため、実際に解体費用の正式見積もりを算出するときには、構造図面の確認や現地確認が必須となります。

施工の条件

解体費用が決まる2つ目の要素は施工条件です。具体的には、以下の要素によって解体費用は変わっってきます。

  • 道路づけ
  • 近隣住宅との距離

たとえば、家に接している道路が狭いと、重機やトラックが入れないですし駐車もできません。そうなると、職人が自らの手で解体しなければいけない箇所が増えたり、廃棄物をトラックに運んだりする手間もかかります。また、場合によっては交通誘導員を配置するなどの人件費がかかるため、結果的に解体費用が上がってしまうのです。

また、近隣住宅との距離が近ければ、騒音や粉じんに配慮する必要があったり、クレームによって作業がストップしたりするリスクがあります。そうなると、工期が長くなる可能性があるので、こちらも解体費用が高くなる要因の1つです。

解体業者

解体費用が決まる3つ目の要素は解体業者です。解体業者を選ぶポイントは後述しますが、解体業者によって重機を保有しているか?どのような内容で解体するか?などが異なってくるため、解体費用も変わってきます。

アスベストの有無

解体費用が決まる4つ目の要素はアスベストの有無です。そもそもアスベスト(石綿)とは、古い建物に断熱材として使われていた建材のことであり、発がん物質を含んでいるので現在は使用禁止です。

しかし、1975年以前の建物であればアスベストを使用している可能性があり、その場合はアスベストが飛散しないような解体方法が必要です。また、アスベストは特殊な廃棄方法になるので、別途費用がかかります。国土交通省の資料によると、アスベストを除去するための費用は以下の通りです。

アスベスト処理面積 処理費用
処理面積300m2以下 20,000円/m2 〜 85,000円/m2
処理面積300m2〜1000m2以下 15,000円/m2〜 45,000円/m2
処理面積1000m2以上 10,000円/m2 〜 30,000円/m2

注意点

前項までで、家の解体費用相場や解体費用を決める要素が分かったと思います。次に家の解体を検討するときの注意点である以下を解説します。

  • 自治体の補助金を調べてみる
  • ローンを組むには?

自治体の補助金を調べてみる

1つ目の注意点は、解体業者を選ぶ前に自治体の補助金制度を確認することです。自治体によっては、たとえば「老朽化した家の建て替えのための解体」であれば、補助金を用意している場合があります。というのも、老朽化した家は地震による倒壊リスクなどがあるため、街づくりを担う自治体にとっては解体したい建物だからです。

ただし、そもそも補助金を用意しているかどうかは自治体によって異なるため、「地域名 補助金 解体」などのキーワードでネット検索してみましょう。たとえば、東京都豊島区では、不燃化特区に指定されている場所で、かつ条件を満たす住宅(建て替えを目的など)であれば、最大で1,000万円までの補助金が出ます。

しかし、この補助金を受けるためには、事前に自治体の窓口へ相談する必要があります。東京都豊島区の場合は解体工事着工前に相談する必要があるため、事前に自治体の補助金については調べておくべきなのです。

ローンを組むには?

また、上述のように解体費用は100万円単位の金額になるため、ローンを組んで解体費用を捻出したいと思う人もいるでしょう。たとえば、自宅を購入するときは住宅ローン、投資用不動産を購入するときは不動産投資ローンを利用できますが、解体するとなると担保に入れる建物がないので、それらのローンは組めません。

そのため、解体費用のためにローンを組むとしたら、フリーローンや無担保住宅ローンになります。ただ、住宅ローン金利が1%を切る中で、たとえばフリーローンの場合は金利が10%を超える場合もあります。そのため、解体費用のためにローンを組むのであれば、無理なく返済できるかどうかをきちんと確認してから組むことが重要です。

解体業者を選定するコツ

次に、解体業者を選定するコツである以下について解説していきます。

  • ナコウドを利用する
  • 見積書を項目ごとに比較する

ナコウドを利用する

1つ目のコツは、ナコウドを利用して解体業者に見積もり依頼することです。ナコウドとは、解体の専門業者へ一括で見積もり依頼できるサイトなので、個別に解体業者へ見積もりする手間が省けます。また、解体の専門業者へ見積もり依頼できるので、ハウスメーカーや工務店を通すときと違い中間マージンがないので、費用が安価というメリットがあるのです。

見積書を項目ごとに比較する

そして、ナコウドで複数社へ見積もり依頼したら、その見積もりの項目を比較しましょう。見積もりには、「本体工事費用」「廃材処理費用」など色々な項目があります。仮に、A社とB社で廃材処理費用に大きな差があれば、この違いを各社に聞いてみることが重要です。

個別にヒアリングすることで費用が違う理由も分かりますし、いかにきちんと根拠を持って見積もりを作っているかも分かるからです。それが優良業者の選定につながります。

まとめ

このように、100坪の家の解体費用は280万円~460万円と、規模が大きいので高額になります。ただ、物件や解体業者によって費用はさまざまなので、まずはナコウドを利用して解体業者に見積もり依頼しましょう。そこから見積もりを比較して、解体業者を選定して契約を結ぶ…という流れです。