30坪の解体費用は?かかる料金の目安と坪単価について

土地の売却や建て替えなどで家の売却を検討している人は、解体費用はどのくらいなのか?と気になっている人もいるでしょう。家の解体を経験することは極めて少ないので、相場費用を知らなくても無理はありません。そこでこの記事では、30坪(約99㎡)の家を解体するとき費用や、費用を抑える方法について解説していきます。

30坪の家解体費用の坪単価や知っておくべきこと

30坪の家解体費用の坪単価や知っておくべきことについて、以下を解説してきます。

  • 30坪の家解体費用の坪単価
  • 解体費用を抑えるポイント
  • おすすめはナコウドを利用すること
  • 建物を解体するメリットとは?
  • 立て替えることによるデメリットやリスク

30坪の家解体費用の坪単価

まずは、解体費用の相場金額を見ていきましょう。構造・坪数別の解体費用相場は以下の通りです。

構造別の相場 20坪 30坪 40坪 50坪
木造 32,000円 29,000円 28,000円 28,000円
鉄骨造 29,000円 34,000円 32,000円 37,000円
鉄筋コンクリート造(RC) 38,000円 58,000円 40,000円 46,000円

上記は坪単価になります。そのため、30坪の建物の解体費用は、木造なら87万円(29,000円×30坪)、鉄骨造なら102万円(34,000円×30坪)、鉄筋コンクリート造なら174万円(58,000円×30坪)が相場金額です。ただし、上記はあくまで目安金額であり、業者や時期で多少の違いがある点は認識しておいてください。

解体費用を抑えるポイント

建物の解体費用は上述の通りですが、そんな解体費用を抑えるポイントは以下の通りです。

  • 質の良い業者選び
  • リフォームも視野に入れる
  • 室内や資源ごみの整理
  • 工期を調整する
  • 補助金を利用する

質の良い業者選び

1つ目のポイントは質の良い業者選びです。というのも、解体業者によって解体費用はもちろん、解体の内容なども異なってくるからです。詳細は後述しますが、優良な解体業者を選定するためには、複数の解体業者に見積もり依頼をして業者を見極める必要があります。

具体的には、見積書の項目ごとの金額の違いを指摘し、その「違いの理由」を良く聞くことが重要です。そうすることによって、業者ごとの違いが浮き彫りになり良し悪しを見分けることができます。

リフォームも視野に入れる

解体するということは、その家が不要になったということです。また、建物をそのまま売却できない状態のときに解体するので、建物自体が劣化しているケースが大半でしょう。ただ、劣化具合によってはリフォームすることで再利用できることもあります。

もちろん物件によってはリフォームしてもどうしようもないケースもあると思いますが、リフォームすることで解決するなら解体費用よりも安価に済むケースもあるでしょう。

室内や資源ごみの整理

解体費用の中には、室内の残った家具や家電、また資源ごみの処理費用などが含まれています。そのため、まずは家具や家電を以下のような方法で処分しましょう。

  • リサイクルショップで売却
  • メルカリなどのアプリで売却
  • 粗大ごみとして行政に引き取ってもらう
  • 買取業者引き取ってもらう

また、資源ごみに関しても、通常のゴミとして収集できるゴミもあります。一度にあまりに大量のゴミを出すことはできませんが、少しずつゴミ出しをすることで資源ごみの処理費用を安価にすることは可能です。

工期を調整する

家を解体する工期については、家の規模や構造によって変わりますが、解体業者の忙しさによっても異なります。要は、重機や人員は限られているので、ほかにも解体する案件を抱えていれば工期はどうしても長くなるでしょう。

また、たとえば「1か月後に土地を引き渡すまでに解体しなければならない」など、ある事情によって解体工期が極端に短いとします。この場合だと、急ピッチで解体を進める必要あるため、解体業者に言い値にある程度合わせる必要があり、必然的に高い費用になってしまうのです。

そのため、最低でも2か月間は余裕をもって解体の依頼をして、工期もできるだけ自分都合ではなく業者都合に合わせることができれば費用を安価に抑えられます。

補助金を利用する

家の解体費用は行政によって補助金を用意していることもあります。なぜ行政がわざわざ補助金を用意しているかというと、老朽化した家を残しておくと災害のリスクなどが増すからです。つまり、そのようなリスクのある家は、解体してくれた方が街づくりを担う行政としてはありがたいというわけです。

補助金の有無や補助金額は行政によって異なります。たとえば、東京都豊島区では、不燃化特区に指定されている場所で、かつ条件を満たす住宅であれば、最大で1,000万円までの補助金が出ます。

おすすめはナコウドを利用すること

前項のように家の解体費用を抑える方法の1つに、「優良な解体業者を選ぶ」というポイントがありました。そのためには、ナコウドを利用して業者の見積もりを依頼すると良いです。ナコウドとは、複数の解体業者へ一括で見積もり依頼できるサイトです。

解体するときには、そもそもどの業者に依頼すれば良いか?が分からない方もいるでしょう。また、工務店などを解体業者以外に依頼すると、結局はその工務店から解体業者へ依頼する…という流れになるので、中間マージンという無駄なお金がかかってしまうのです。

そのため、専門業者が厳選されているナコウドを利用して複数の業者へ見積もり依頼し、その見積もりの内容を比較して優良業者を選定しましょう。

建物を解体するメリットとは?

前項で建物の解体費用の相場が分かったと思いますが、次にそもそも建物を解体するメリットは何か?という点について解説します。建物を解体する理由は人それぞれですが、建物を解体することによって以下のメリットがあります。

  • 売却しやすい
  • 老朽化した建物のリスクを除ける
  • 建て替えられる

仮に、土地の売却を考えている場合で、老朽化した家が建っている場合には解体した方が売りやすいです。また、老朽化した家は倒壊リスクや、空き巣や放火などの犯罪リスクもあるので、そのリスクを除ける点もメリットといえるでしょう。また、解体することで「建て替える」という選択肢も生まれます。

立て替えることによるデメリットやリスク

一方、立て替えることによるデメリットやリスクは以下の点です。

  • 費用がかかる
  • 固定資産税が上がる

費用がかかる

最も大きなデメリットは、やはり解体費用がかかるという点です。上述したように解体費用は100万円を超えることもありますし、規模によりますが解体には1か月以上時間がかかることも多いです。

固定資産税が上がる

また、不動産を保有していると固定資産税・都市計画税(都市計画域内の不動産)がかかります。しかし、固定資産税・都市計画税は土地に建物が建築されていれば、軽減措置があるのです。つまり、建物を解体することで固定資産税・都市計画税が上昇するので、解体後の税額は確認しておいた方が良いでしょう。

30坪の家解体費用まとめ

このように、解体費用は構造と規模によって、おおよその相場金額が決まっています。そのため、まずは上述した相場金額を確認します。その上で、そもそも解体する必要があるかどうかという点を踏まえ、再検討するという流れです。そして、解体すると判断した場合には、ナコウドを利用して解体業者に見積もり依頼しましょう。