50坪の解体費用は?かかる料金の目安と坪単価について

家の解体を検討している人の多くは、どのくらいの金額になるのか?どのように解体業者に連絡すれば良いか分からないでしょう。

家を「解体」すること自体そうあることではないので、このような状況になるのも当たり前です。

そこでこの記事では、家の解体費用の相場はいくらか?相場より上がるときはどのようなときか?について解説していきます。

50坪の家解体費用の相場や知っておくべきこと

50坪の家解体費用の相場や知っておくべきことについて、以下を知っておきましょう。

  • 50坪の家解体費用の相場金額
  • 相場よりも解体費用が高くなるケース
  • 家の解体費用以外に発生する費用

50坪の家解体費用の相場金額

まずは、解体費用の相場金額を見ていきましょう。構造・坪数別の解体費用相場は以下の通りです。

構造別の相場 20坪 30坪 40坪 50坪
木造 32,000円 29,000円 28,000円 28,000円
鉄骨造 29,000円 34,000円 32,000円 37,000円
鉄筋コンクリート造(RC) 38,000円 58,000円 40,000円 46,000円

上記は坪単価になります。そのため、50坪(約165㎡)の建物であれば、木造で140万円(28,000円×50坪)、鉄骨造で185万円(37,000円×50坪)、鉄筋コンクリート造で230万円(46,000円×50坪)になります。

相場よりも解体費用が高くなるケース

家の解体費用は前項の通りですが、以下のようなケースでは相場よりも解体費用が高くなる可能性があります。

  • 地鎮祭などを実施するとき
  • 地下室があるなど
  • 1階部分が広いとき
  • 道路が狭いとき
  • 作業が滞る天気がつづくとき

地鎮祭などを実施するとき

地鎮祭とは、土木工事や建築工事などを行う前に、その土地の神様に土地を利用することの許しをもらう、いわゆる伝統的な「儀式」です。地鎮祭は、家を建てるときに行うのは通例ですが、解体時にやることは多くありません。ただ、解体も土木工事・建築工事の一種なので、実施する場合もあります。

その場合、神主へのお礼金やお供え物、もろもろ備品準備なので数万円の費用がかかる点は認識しておきましょう。

地下室があるなど

地下室があるなど、地下部分の解体作業量が多い場合にも解体費用は高くなる傾向にあります。というのも、特に地下室の場合は通常の基礎がある部分よりも、さらに深く掘っています。そのため、解体作業はもちろん、掘った分の「埋め戻し費用」もかかってくるので、相場よりも高くなってしまうのです。

また、一棟マンションなどにしかない設備ですが、機械式駐車場など大型の施設がある場合も解体費用は上昇します。特に、地下に埋設するタイプの機械式駐車場の場合は、解体費用が跳ね上がるケースもあるので覚えておきましょう。

1階部分が広いとき

家の解体費用は、基本的には家の規模が大きければ大きいほど高くなります。そのため、通常は1階建てよりも2階建て、2階建てよりも3階建ての方が解体費用は高額です。しかし、1階部分の下には基礎があり、解体作業の中でも手間がかかるので基礎の撤去費用は高額になります。

そのため、たとえば1階建ての平屋だとしても、1階部分が広い平屋であれば、1階部分が狭い2階建ての家よりも解体費用が上がることがあるのです。つまり、同じ坪数でも1階部分が広ければ、相場よりも高い費用になりがちということです。

道路が狭いとき

また、解体する家までのアプローチ(道路)が狭いときも、解体費用が上がる可能性があります。というのも、このようなケースの場合には、工事に利用する車両や重機を駐車できないので、近隣の有料駐車場を利用するケースが多いからです。

作業が滞る天気がつづくとき

たとえば、梅雨の時期だったり大雨が発生したりすると、解体作業が滞る場合があります。そうなると、予想していた工期より長くなる可能性もあり、前項の駐車費用なども上がるため解体費用も高くなる可能性があるのです。

家の解体費用以外に発生する費用

次に、家の解体費用以外に発生する費用である以下について解説していきます。

  • 付帯工事費用
  • 廃棄物
  • 埋設物の撤去
  • アスベストの処分

付帯工事費用

付帯工事費用とは、具体的にはブロック塀やガレージ、倉庫(納屋)など、家本体以外の付帯施設のことです。また、庭にある大型の樹木や石畳などを撤去する場合も、付帯工事費用が追加で発生することがあります。

廃棄物

廃棄物は、通常見積もりの項目にあります。しかし、家庭ごみを含む一般廃棄物が大量にあれば、ほかの産業廃棄物と分けて廃棄する必要があるので、別途費用がかかる場合もあるのです。

たとえば、家具や家電などをそのまま全て残すとなると、その備品の廃棄物だけで相当な量になり、別途廃棄物の処理費用が高額になる可能性があります。そのため、自分で廃棄したり売却したりできるのであれば、解体費用を安価にするためにもやっておいた方が良いでしょう。

埋設物の撤去

家の解体は土地の上に見えている建築物だけでなく、土地の地下に埋まっている埋設物も撤去します。たとえば、建物基礎部分はもちろん、地中に埋まっている廃棄物などがあれば撤去する必要があります。多いケースではありませんが、建物を建築する前から地中に廃棄物などが埋まっているケースもあり、その撤去費用が追加で請求される場合もあります。

アスベストの処分

最近建築された建物であれば、アスベストが発生する建材などは使用できませんので、アスベストが発生するリスクは極めて低いでしょう。しかし、築古物件などは発がん物質が含まれるアスベストを使用している可能性があり、その場合には解体によってアスベストが飛散しない方法を採用する必要があります。

また、アスベストを撤去した後は、専門の廃棄物処理業者に処分を依頼する必要があるため、別途費用がかかってしまうのです。国土交通省の資料によると、アスベストを除去するための費用は以下の通りです。

アスベスト処理面積 処理費用
処理面積300m2以下 20,000円/m2 〜 85,000円/m2
処理面積300m2〜1000m2以下 15,000円/m2〜 45,000円/m2
処理面積1000m2以上 10,000円/m2 〜 30,000円/m2

場合によっては数十万円を超える場合があるので、アスベストの有無や処分費用については、事前に解体業者と良く打ち合わせておく必要があります。

解体業者を選定するならナコウド

このように、解体費用の相場は決まっているのものの、解体業者によって解体工事の質も費用もマチマチです。そのため、優良な解体業者を選ぶ必要がありますが、そのコツはナコウドというサイトで、複数社へ同時に見積もり依頼することです。

ナコウドの良いところは、解体業を専門としている業者に一括で見積もり依頼できる点になります。というのも、解体の専門業者であれば中間マージンを引かれないので、たとえばハウスメーカーや工務店に見積もり依頼するよりも安価な費用になることが多いからです。いくつかの解体業者に見積もり依頼した後は、金額と内容を比較して解体業者を選定しましょう。

50坪の家解体費用まとめ

このように、50坪(約165㎡)の建物であれば、140万円~230万円の解体費用が相場になります。しかし、上述したようにケースバイケースで解体費用はブレてきます。いずれにしろ、優良な解体業者を選定する必要があるので、その際はナコウドを利用して選定すると良いでしょう。