家の解体費用はいくらかかる?料金相場や平均金額まとめ

家を売却するときや建て替えるときは、家の解体工事をすることもあるでしょう。

しかし、家の解体工事は中々ない経験なので、馴染みがない方も多いと思います。そこでこの記事では、そもそもどうやって解体工事を依頼するのか?費用はどのくらいかかるのか?という点について詳しく解説していきます。

家の解体工事を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

家の解体工事の費用相場

次に、解体工事の費用相場を解説してきます。解体費用は以下のように構造と広さによって異なります。

構造別の相場 20坪 30坪 40坪 50坪
木造 32,000円 29,000円 28,000円 28,000円
鉄骨造 29,000円 34,000円 32,000円 37,000円
鉄筋コンクリート造(RC) 38,000円 58,000円 40,000円 46,000円

上記は坪単価になります。たとえば、30坪の木造建物場合には「29,000円×30坪=87万円」が解体費用の相場金額です。

解体費用は大きくブレない

解体費用は、解体する時期などによって大きくブレることは少ないです。というのも、たとえば建築費などは「建築素材の高騰」「人件費の高騰」などの影響で建築費用は時期や業者によって大きく変わります。一方、解体費用は人件費の影響は若干受けますが、建築費用ほど外部から受ける影響が大きくないのです。

ただ、都心よりも郊外の方が解体費用は安価に抑えられる傾向があります。というのも、郊外の方がスペースが広いため解体工事がやりやすく、かつ廃棄物の処理場との距離が近いケースが多いからです。いずれにしろ、業者ごとに金額は異なるので、複数の業者に見積もり依頼しましょう。

見積もり依頼ならナコウド

そんな解体費用の見積もり依頼なら「解体工事のナコウド」を利用すると良いです。というのも、ナコウドには以下の特徴があるからです。

  • 施工店に一括で見積もり依頼できる
  • 独自の審査基準で優良な施工店を厳選している

家を解体しようと思ったときに、どこに連絡して良いか分からない方も多いでしょう。また、家を建築したハウスメーカーや工務店に連絡することもありますが、その場合はハウスメーカーや工務店を経由して解体業者に連絡がいくので、金額が高くなってしまうことがあります。

一方、ナコウドを利用すれば直接専門店に連絡することができ、かつ1分もかからず複数社に見積もり依頼できるの非常に楽です。また、ナコウド独自の審査基準で優良店を厳選している点も安心といえます。このように、ナコウドを利用するメリットは大きいので、解体工事の見積もりにおすすめなのです。

家の解体工事で金額差ができるポイント

ここまでで、家の解体工事の費用、そして解体工事業者を選定する方法が分かったと思います。次に、家の解体工事費用で金額差が出るポイントである以下について解説していきます。

  • 建物の大きさと構造
  • 建物の形状
  • 敷地内の設備など

建物の大きさと構造

まずは建物の大きさ構造です。当然ながら、建物が大きい方が解体に手間がかかるので、建物規模が大きいほど解体費用も高くなります。また、構造は素材的に鉄筋コンクリート造よりも、木造の方が頑強さは低いため解体しやすいです。そのため、自ずと鉄筋コンクリート造よりも木造の方が解体費用は安価になります。

建物の形状

また、建物の大きさや構造以外にも、建物の形状も解体費用を左右します。たとえば、床面積が同じ2階建ての建物よりも、平屋の方が解体費用は高くなることが多いです。というのも、建物の解体は地下に埋まっている基礎部分の解体が特に手間がかかるからです。

床面積が同じということは、1階建てである平屋の方が1階部分の面積は広くなります。そして、基礎は1階部分の地下にあるので、1階部分が広いほど基礎部分も大規模になります。そのため、一見すると2階建てのの建物の方が解体に時間がかかりそうに見えますが、基礎の関係で実は平屋の方が解体費用は高くなるのです。

敷地内の設備など

家を解体するのは家本体以外にも、以下のような敷地内の設備なども解体します。

  • 頑強な門扉
  • 車庫
  • 納屋や倉庫
  • 浄化槽
  • 庭の樹木

これらは解体する手間がかかる上に、素材によって処理が面倒な場合もあるため、解体費用も上昇しやすいです。

解体工事の手順

 

家を解体するときの手順は以下の通りです。

  • 解体業者への見積もり
  • 解体業者と契約
  • インフラ事業者への連絡
  • 近隣への挨拶
  • 足場・養生
  • 室内・屋根部分の撤去
  • 重機での解体作業
  • 廃棄物の搬出と整地

解体業者への見積もり

まずは、解体業者へ見積もり依頼をします。依頼方法は上述したようにナコウドを利用すると良いですが、解体業者によって手順や利用する重機などが異なるため解体費用にも差が出ます。また、解体方法や解体した後の土地をどのように整地するか?なども業者によって異なるので、解体業者選びは非常に重要といえるでしょう。

解体業者と契約

次に、解体費用や解体の内容、期日などに合意したら解体業者と契約を結びます。また、見積もりは机上で算出した後は、必ず立ち合いの元で正確な費用を算出するので、その金額を見てから契約を結びましょう。

インフラ事業者への連絡

解体工事が始まる前に、電気・ガス・水道それぞれの業者に連絡を取り、停止日を依頼しておきます。特に、電気は電柱から引き込んでおり、ガスはカット作業などが必要なので解体日が分かったら早めに連絡しましょう。

近隣への挨拶

ここからは主に解体業者が行うことですが、家の所有者として大まかな手順については理解しておきましょう。まずは、解体作業に伴い騒音がしたり粉塵が舞ったりするので、近隣の方々へ挨拶します。

また、工事内容や工事時間、運搬車や重機によって道路を利用できない場合などもあるため、その旨のお詫びも兼ねて挨拶するという流れです。

足場・養生

ここから解体作業が開始されます。まずは、重機などの機械が作業できるように、家周辺の障害物の撤去や保護を行います。たとえば、倒壊しそうな塀などは先に撤去してしまい、家の周りをシートなどで養生します。

養生は騒音防止や粉じんの拡散防止にもつながるので、仮に養生が甘ければ近所トラブルの元になるので解体業者に指摘しましょう。

室内・屋根部分の撤去

家本体の撤去は、室内の石膏ボードや断熱材などの内装部分は手作業で解体し、屋根部分も廃棄方法が異なる素材があるので手作業で別途解体します。

重機での解体作業

内装と屋根部分の撤去が終われば、次に重機で外壁や屋根部分や基礎部分などを解体していきます。この作業が最も時間がかかり騒音がする作業です。また、敷地内に大きな樹木などがある場合は、重機で一緒に撤去することが多いです。この点も、契約前に確認しておくようにしましょう。

廃棄物の搬出と整地

解体作業が終われば、廃棄物を分別してトラックで運び出します。そして、土地部分はゴミが残っていたり、凸凹がある状態だったりするので表面をきれいに整地します。この整地も、手作業で行うのか重機で行うのかで大きく変わってくるため、整地の方法は契約時に確認しておくようにしましょう。

家の解体工事まとめ

このように、家の解体工事は構造や坪数ごとに費用が変わったり、建物の形状によって費用が変わったりします。しかし、その部分は自分ではコントロールできない部分になるので、大事なのは安価で優良な解体業者を選定することです。そのためには、専門店へ少ない手間で一括見積もり依頼できるナコウドを利用することをおすすめします。