家の解体期間はどのくらい?工事完了までの期間まとめ

家の解体を検討している人は、どのくらいで解体工事が完了するのか気になっている人も多いでしょう。家の解体工事の期間は近隣に迷惑を掛けますし、仮に解体工事をした後に売却するなら解体期間は売却スピードにも関わってくる問題です。

そこでこの記事では、解体工事の期間はどのくらいか?を解体工事の手順に沿って解説していきます。また、解体工事が長引いてしまう要素も合わせて解説するので、解体工事を検討している人は参考にしてみてください。

家の解体工事期間とは?

結論からいうと、家の解体工事期間は一般的には2か月程度と思っておきましょう。短い場合でも1か月は必要ですが、逆に3か月程度かかることもあります。以下より、フェーズごとにどのくらいの期間がかかるかを解説していきます。

家の解体工事の流れと期間

では、平均的な解体工事期間2カ月のときの、解体工事の流れとフェーズごとの期間を見ていきましょう。

  • 解体業者探し:1か月
  • 請負契約の締結:数日
  • 室内の不要物の処分:1~2週間
  • 着工前の手続き:1週間
  • 解体工事(1週間~2週間)

解体業者探し:1か月

まずは、解体工事を依頼する業者を選ぶ必要があります。解体業者を選ぶ方法とポイントは後述しますが、複数の解体業者に見積もり依頼をして、その見積もりを比較することがポイントです。一般的には、見積もり依頼から1週間程度で現地確認をしてもらい、以下の部分の確認をします。

  • 家の形状や構造
  • 道路づけ
  • 近隣住宅との距離

解体工事費用は概ね構造と広さ(坪数)で決まりますが、上記も解体費用に影響してくる部分です。そのため、現地できちんと確認した後に、大体2~3営業日ほどで正式な見積もり額が算出されます。そして、複数の業者を比較するとなるとそこから1~2週間かかると思うので、業者選定までは概ね1か月程度かかるというわけです。

請負契約の締結:数日

前項に付随する手続きですが、解体業者を選定した後は解体業者と請負契約を結びます。口頭契約は危険なので、必ず書面で契約を交わさなければいけません。この点は、国土交通省も「発注者・受注者間における建設業法令遵守ガイドライン」で、注意喚起している内容です。

また、契約書は以下の内容を最終確認しておくことが重要です。

  • 工事内容の詳細
  • 解体工事費用の総額
  • 項目ごとの費用詳細
  • 工事期間

特に、金額面は見積書と照らし合わせて、念のため最終確認しておきましょう。

室内の不要物の処分:1~2週間

次に、室内の不要物を処分します。具体的には、不要な家具や家電などのことです。これらは解体業者に処分を依頼することもできますが、単純に廃棄物が多くなったり、分別が必要だったりする不用品もあるので手間と時間がかかります。そのため、解体工事期間も長くなりますし、費用も上がってしまうのです。

このような事情から、不用品は粗大ごみとして捨てたり、家具や家電であれば買取業者に引き取ってもらったりしましょう。一旦は、買取業者に連絡をして、不用品の種類などを伝えて買取可能かをヒアリングしてみると良いでしょう。

着工前の手続き:1週間

次に、着工前の手続きとして、近隣への挨拶や工事前の申請を行います。解体工事はどうしても騒音や粉じんが発生してしまうので、近隣の方へ挨拶へ行って事前に解体工事する旨を伝えておく必要があるのです。一般的には、近隣の方への挨拶は解体業者が行います。

また、延べ床面積80㎡(約24坪)以上の建物を壊す場合には、建設リサイクル法の届出が必要です。これは、解体工事をはじめる1週間前までに必要であり、依頼者(施主)に届け出の義務があります。ただ、実際には解体業者に委任するケースが多いです。いずれにしろ、これら一連の作業に1週間程度の期間がかかります。

解体工事(1週間~2週間)

もろもろ手続きが終われば解体工事の開始です。まずは、足場や養生を行ってから、外構部分と室内の解体をします。その次に本体の解体工事に着手するという流れです。建物によって期間は異なりますが、30坪程度の木造住宅であれば、解体工事期間は1週間〜2週間日程度です。

解体工事の期間が早まる・延びる要素

前項が一般的な解体工事の手順、および期間になります。ただ、以下の要素で解体工事が早まる、もしくは反対に延びる可能性があるので、この点は頭に入れておきましょう。

  • 業者選定を早める
  • 片付けを早めるor依頼する
  • 工事しにくい季節
  • 基礎部分が広範囲
  • 住宅密集地帯
  • 道路づけが悪い

業者選定を早める

上述したように業者選定に1か月の期間を取っているので、早めに業者選定することで解体工事の期間は短縮できます。見積もり依頼をしてすぐに現場確認を行い、見積書の比較を迅速にすれば1~2週間程度で契約することは可能です。

片付けを早めるor依頼する

また、家の片付けを事前に行っておけば、家の片付けの期間は不要になります。もしくは、費用はかかってしまいますが、全て業者に処分してもらっても期間は短縮することが可能です。

工事しにくい季節

ここからは、工事期間が延びる要素です。工事しにくい季節も解体工事は延びる可能性があります。たとえば、梅雨の時期や積雪の時期などです。雨が降っても解体工事は行いますが、雨がつづくとどうしても作業効率は落ちてしまいます。また、積雪のため作業がストップしたり、雪かきを優先させたりすることもあるため、期間が延びてしまうのです。

基礎部分が広範囲

建物の地下部分には、建物を支える基礎があります。この基礎部分で建物の耐震性を保っているため、造りとしては非常に頑強です。そのため、基礎部分が広範囲であるほど解体期間は長くなります。言い換えると、基礎部分がかる1階部分が広い方が、基礎部分の解体にかかる期間が長いので、必然的に解体にかかる期間が長くなるということです。

住宅密集地帯

また、近隣の住宅と密接している住宅密集地帯も解体期間は長くなりがちです。というのも、近隣の住居との距離が近いと、廃棄物をトラックに運搬するときや、本体を解体するときに粉じんや騒音を気にして慎重な作業になるからです。そのため、たとえば近隣に住居が全くない家と比べると、住宅密集地帯の解体期間は長くなります。

道路づけが悪い

また、解体期間は道路づけも影響します。というのも、道路づけが悪いことで、家の横にトラックを横付けできないとします。そうなると、廃棄物をトラックに運ぶときの手間が大きくなりますし、重機を利用できず手作業での解体が多くなるのです。そのため、解体期間も長くなるというわけです。

解体工事期間を短くする優良業者の見つけ方

このように、解体工事には概ね2か月ほどの期間がかかり、前項のように解体工事の期間が長くなる要素もあります。そんな中、解体工事期間を短くするためには、優良な解体業者を見つけることです。その方法は、解体工事のナコウドという、一括見積りサイトを利用することなります。

このサイトであれば、簡単な入力作業で複数の解体業者へ一度に見積もり依頼できるので、見積もり依頼の期間が短くなります。しかも、ハウスメーカーや工務店を経由するのではなく、専門の解体業者と直接やり取りできるので、スピーディーに見積もりをもらうことが可能です。

家の解体期間まとめ

このように、家の解体期間は大体2か月ほどであり、場合によっては短くも長くもなる点は覚えておきましょう。当然ながら、解体期間は短い方が費用的にも安くなるので、優良な解体業者を選定して早めに終わらせることが重要です。その際は、ナコウドを利用して業者選定することをおすすめします。